中古車を売りたい方、買い換えたい方に提案する当サイト。どうやって売却したら良いのか?より高く買い取ってもらうためにはどうしたらいいのか。などの情報を提供しています。

中古車の高い買取査定.com

トラブルについて

強引な買取とはどういう買取なのか、その具体例とそれに対する対策

投稿日:2017年7月25日 更新日:

強引な買取とはどういうことをするのか

中古車買取業者の中には、中古車を安く買い取って利益を上げるため、強引な買取を行うことがあります。

では、強引な買取とは具体的にどういう買取のことを言うのでしょうか。

強引な買取をする業者は、主に2つの手法を使って買取をします。

一つ目の手法は、車の持ち主が売る気がないといっても、しつこくつきまとい、売ってくれるまでここから出ていかないと脅して相手を根負けさせる押し売りのような業者。

そしてもう一つは、ただ車を査定に出しただけで、車を売るとは一言も言っていないのに、「さっきの車に買い手がつきました」と勝手に話を進めていき、買取にもっていくタイプの業者です。

このパターンの場合、相手を揺さぶるための嘘を言っていることも多いですが、最悪の場合は、本当に買い手を見つけてくるケースもあります。

どちらの場合も、車の持ち主に売る意志はないのに、強引に買い取ってくる点は同じです。

こういう強引な買取業者が嫌で、車を中古車買取業者に売るくらいなら廃車にしてしまおうと考えてしまう人がいますが、しかし、さすがにそれはもったいないです。

確かに、中古車を売る際強引に買取をしてくる業者はいます。

ですが、きちんと対策をしておけば、彼らは恐れるに足りない存在なのです。

ズバット車買取比較
ネットで簡単無料査定!ネットだから強引な勧誘は一切ナシ

公式サイトはコチラ

強引な買取への対策

業者が強引な買取をしかけてきた場合、それに対する一番有効な手は、相手を無視することです。

売ってくれるまで帰らないという相手に対しては、存在そのものを無視し、その車に買い手がつきました、と言ってくる相手に対しては、そんなの知らないよ、と冷淡に突き放すのです。

これをしばらく続ければ、「この相手から強引に買い取るのは無理だ」と判断し、去っていくでしょう。

このように、強引な買取に対しては無視と冷淡な対応で返すのが一番いいのですが、さすがにそこまで冷淡な態度を取るのは気が引ける、という人もいるでしょう。

そういう人の場合、この車の事実上の持ち主は別の人で私には決定権がない、だからその人にお伺いを立ててから売るかどうか決める、と相手に言いましょう。

事実上の持ち主は、親でも配偶者でもかまいません。

とにかく、「この車は私の一存では売れない」ということを強調しましょう。

そうすれば、相手の業者もそこまで強引な態度には出てこないでしょう。

他にも、ネットで口コミを調べて評判のいい業者に車の査定をしてもらう、どんな業者から連絡が来るかわからない一括査定を利用することは出来るだけ避ける、などを行うと強引な買取を行う業者に出会いにくくなります。

ですから、強引な業者に出会いたくないなら、そういうことも考えておくといいでしょう。

中古車の高い買取査定.com TOP

-トラブルについて

Copyright© 中古車の高い買取査定.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.