中古車を売りたい方、買い換えたい方に提案する当サイト。どうやって売却したら良いのか?より高く買い取ってもらうためにはどうしたらいいのか。などの情報を提供しています。

中古車の高い買取査定.com

中古車売却する際のコツ

中古車売却には印鑑証明が必要?必要な書類が多いわけとは

投稿日:2017年7月24日 更新日:

中古車売却には印鑑証明が必要になる場合があります。

これは名義変更のために印鑑証明が必要になるからです。

車の名義を変えることは税金の支払いにも関わることのため、しっかり手続きをする必要があるのです。

印鑑証明は手続きの正当性を核にするために必要

印鑑証明は市区町村役場で取得が可能な書類の一つです。

中古車売却に印鑑証明が必要になるのは、売却をした人が本人であるか確認するための書類の一つだからです。

車の売却には名義の変更が必要ですが、名義の登録が変われば税金の請求先なども変ってきます。

不正な脱税などができないように、各種書類でも本人であることを照明する必要があるのです。

免許証のコピーなどでは不十分とみなされるため、印鑑証明が必要になるのです。

ただし、軽自動車の場合は印鑑証明が不要な場合があります。

軽自動車勢と自動車税は区分が別になるため、より簡単に手続きできるからです。

ただし、ローンが残っている場合や、売却するお店の扱いによっては印鑑証明が必要になる場合もあります。

印鑑証明が2通必要になる場合がある

印鑑証明が必要な枚数は、都道府県によって異なります。

これは自動車税の還付手続きのために別途印鑑証明が必要になる場合があるからです。

人口が多い都心部では手続きの簡略化のために1枚で住むケースがありますが、地方の場合は2枚必要なケースが多くなります。

念のために買取を行うお店に確認するのがおすすめです。

印鑑証明の住所などは一致させる必要がある

印鑑証明書は現住所で取得する必要があります。

現住所と印鑑証明書の住所が一致しない場合は手続きができないケースや、手続きを行って受理されない可能性が出てくるためです。

住所も税金の請求に重要な情報となるため、引越しをした場合は必ず現住所に合わせるように変更しておく必要があります。

古い印鑑証明は使えないのもポイント

車の売却に必要な印鑑証明は、発行から3ヵ月以内のものと決まっています。

車の登録手続きなどを行う陸運局は発行から3ヵ月以内の印鑑証明でなければ受け付けてくれないためです。

多くの中古車買取ショップでは、余裕を見るために取得から1ヵ月以内や2ヵ月以内など独自の期限を決めています。

車の売却が決まってから印鑑証明を取るのが一般的で、基本的に使い回しができないようになっているのです。

まとめ

軽自動車を除き、車を売却する場合は印鑑証明が必要になります。

軽自動車でもショップの手続き方法によっては印鑑証明が必要になるため、確認しておくのがおすすめです。

住んでいる地域によっても枚数が異なるため、あわせて確認しておくと手続きがスムーズになります。

中古車の高い買取査定.com TOP

-中古車売却する際のコツ

Copyright© 中古車の高い買取査定.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.