中古車売却する際のコツ

よく考えてからサインしよう。中古車売却時の契約書について。

投稿日:2017年8月2日 更新日:

中古車は年式が古い車でも、ボロボロの車でも、また事故車であっても、売値が小額となる場合も多いですが、業者が買い取ってくれます。

しかし、中古車を引き取ってもらう時はどのような手続きを踏むのか、よくお分かりでない方も多いと思います。

では、中古車を引き取ってもらうときはどのような手続きをするのでしょうか。

まず、不要の車を中古車買取業者が引き取りわけですから、その車の売却契約を結びます。

「契約」といっている段階で重要なやり取りであることはおわかりかと思いますが、この契約を結んだ後は、もうその車は自分のものではなくなったと思ってください。

…というのも、この売却契約後のキャンセルは、キャンセル料がかかってくる可能性が高いからです。

売却契約を結んだ後に、「よく考えたら買取価格が安すぎるから、売りたくない」、「やはり思い出が詰まった車だからもう少し乗りたい」と思っても、売却契約後はそう簡単にキャンセルできるわけではないのです。

売却契約を結んだ段階で、中古車買取業者は引き取り手続きや中古車としての販売の手続きを進めていきます。

その途中で、やっぱり売りたくないと言われても、中古車買取業者自身も困ってしまいます。

そのような理由もあり、売却契約以降はキャンセル料が発生する可能性が高いのです。

では、どうするべきかというと、簡単なことですが、売却契約を結ぶ前に、もう一度その車を売りに出すべきか、やめるべきかを考えるようにしましょう。

「別の中古車買取業者ならもう少し高値で買い取ってくれるかもしれない…」と思う方は、一度契約を保留にし、別の買取業者に相談してみるのもアリです。

大切にしてきた車だから、売るかもう一度よく考えたいという方はその旨を中古車買取業者に素直に伝えましょう。

「〇〇(期間)までなら待てます。」

という返事をいただける場合もあります。

その期限までであれば、提示していただいた中古車の買取価格で買い取ってもらえるのです。

車は高額ですし、大切な持ち物です。

動くお金も高額なので、簡単に返事はせずに、よく考えてから、売却契約を結ぶようにしましょう。

あとに、後悔するようなことにならないためにも、慎重に契約を進めることが重要です。

-中古車売却する際のコツ

Copyright© 中古車はどこで売却した方がお得?損しないで車を高く売る方法 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.