中古車を売りたい方、買い換えたい方に提案する当サイト。どうやって売却したら良いのか?より高く買い取ってもらうためにはどうしたらいいのか。などの情報を提供しています。

中古車の高い買取査定.com

中古車売却する際のコツ

下取りと買取りではこうも違う!車を売却するならどっちがオススメ?

投稿日:2017年7月24日 更新日:

車を手放す際、大体の人が下取りに出す、もしくは車を買取ってもらう方法を選ぶと思います。

しかしこの二つの言葉の意味をちゃんと把握しきれてない人も多く後々トラブルになってしまう事もあります。

売った後ではもう遅いとなる前にもう一度下取りと買取りの違いをチェックしていきましょう。

下取りの場合

下取りとは車を買い替える時にディーラーで売られる場合に使われる用語です。

下取りを選んだ場合のメリットは以下の様になります

車代の補填に使える

新車を買うのはかなりの大金です。

少しでも車代の予算が欲しいと思った時に今乗っている車を下取りで売却しその金額で車代に回す事が出来ます。

下取りする手前まで乗れる

下取りはするがタイミングは納車直前までの新車と今乗っている車と交換の形で行うので売却までの間は車無しの期間も無いし代車を別に用意する必要もないので生活が不便になってしまう恐れがありません。

ギリギリまで今乗っている車を乗り回す事が出来ます。

ディーラーが行うので複数の業者とのやり取りの煩わしさが無い

下取りを行うのはディーラー側で行うので複数の買い取り業者と見比べるややこしい作業が無いので非常に分かりやすいです。

一方で下取りのデメリットとしてこの様な点もあります。

金額が既に決まっている

世間ではいくら高値の車であってもディーラー基準ではそうではなく買取するよりも安く買い叩かれる事もあります。

けれど下取りであって売却ではないので中古車業者の様に交渉するのも難しいですので低かったとしても納得するしかありません。

買取りの場合

こちらは車代の足しにする下取りとは違って純粋に車を売却する際に使われます。

買取りを選んだ場合のメリットはこの様になります。

金額と売却タイミングを決められる

下取りだとディーラー側で設定した金額で決まっている上に納車時に下取りと金額と売却のタイミングが決まっていて少しだけ不自由でしたが買取ならばその必要はありません。

高価買取キャンペーンが行っているタイミングで売却すれば高値で売れる事も出来ますし一括査定で何処が一番買い取ってくれるか等も調べられるのでディーラーに左右される事無く今の車を少しでも高く売る事が出来ます。

オプションパーツも査定対象になってくれる

車の下取りの査定ポイントはあくまで車本体で高価なカーステレオやカーナビ、ドライブレコーダー等の車のアクセサリー品を付けていたとしても対象外で買い取り額の向上へと繋げられません。

一方で買取りだとアクセサリー類も査定対象として扱われ車共々状態が良ければ提示されている金額よりも増額された状態で買い取って貰えます。

買取りにはこのメリットがありますがデメリットも存在します。

価格変動が激しい

車も常にモデルチェンジを行っている為価格変動が激しく買い取り金額も同じ中古車業者でもA社とB社では違うので買取り額での変動が激しいです。

時期によってはディーラーで下取りしてもらった方が良かった結果になる程買い叩かれる事もある為売るタイミングは自由と言っても相場を毎日チェックしておかないといけません。

最終的にどっちがオススメなのか?

下取りと買取りの違いはこの様になります。

結論としてどちらがオススメかと言うよりは「用途に合わせて使い分けた方がいい」と言えます。

あくまで、今乗っている車を手放したいから金額は問わないのであれば下取りに出して納車時に手放す、車は手放すがお金は多く欲しいのであれば買取りで出して新車が来るまでは不便なのは我慢する。

自分が手放す目的を再確認した上で、下取りか買取りかを選んだ方が、後で後悔する事は無いでしょう。

中古車の高い買取査定.com TOP

-中古車売却する際のコツ

Copyright© 中古車の高い買取査定.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.