中古車を売りたい方、買い換えたい方に提案する当サイト。どうやって売却したら良いのか?より高く買い取ってもらうためにはどうしたらいいのか。などの情報を提供しています。

中古車の高い買取査定.com

未分類

中古車売却に消費税は含まれている?知っているかどうかで売却額がかわるケースも

投稿日:2017年7月24日 更新日:

売り手と業者の認識には違いがある

車を売却する際に、消費税の扱いがどうなるか説明がある場合は珍しくなっています。

これは業者自体が把握していないケースが多く、消費者も気にしないケースが多いからです。

特に一般消費者はあまり気を使わないことが多く、消費税で違いがでるかわからない場合もあるほどです。

ポイントになるのが売り手と買い手の消費税の認識の仕方です。

認識の仕方が異なっていれば、差額が発生し、どちらかに有利な状況になっている可能性があります。

実際には車を買い取る業者消費税を込みにして車を買取をするケースが多く、差額が発生している可能性が高いのです。

これは車の買取時に一般消費者に消費税が入っているかを説明する必要がないためです。

事業者間の取引の場合は税込みか税別か表示するのは必須になりますが、車を事業に使っていない人には説明義務がなくなるのです。

そのため、消費税の扱いが良くわからないまま売却が成立することが多く、あとからもやもやしてしまう場合もあるのです。

売却額が税込みか税別かでわかれるポイントは

もっとわかりやすくすると、売却を依頼した際に買取額が税別だとします。

この場合は消費税の8%が上乗せされる可能性があります。

税込みであれば全て入った金額だとわかりますが、提示自体がされなければどちらが正解かは聞いてみないとわからなくなります。

売却額が8%上乗せされれば、かなりの上昇幅が見込めます。

そのため、提示額を見て「税抜き前提だと考えていた」と言うだけで、業者は価格交渉に乗らざるを得なくなるのです。

業者は消費税分取引が有利になっていることが多くなっています。

車の本体価格に消費税を乗せ、本体を安く買っている形になるからです。

また、消費税を国に納税する場合は全ての金額を納めるわけではなく、一部が経費として認められる仕組みなっています。

つまり、業者は見えないところで利益を挙げているケースが多いのです。

業者自体が税の知識不足のケースも多く、消費税の扱いについて厳しい目を向ければ、この取引の不合理を修正できるケースがあります。

説明が曖昧な場合は一部でも差額の上乗せを要求し、実際に請求を通す人もいるのです。

消費税の扱いは業者が有利になっていることが一般的

消費税の扱いは業者が有利になっているケースが多く、説明も不十分なケースが多くなっています。

業者の説明不足は交渉余地のポイントになるため、消費税分の上乗せを要求するのも方法なのです。

消費税額を満額上乗せさせるのは難しくなっていますが、一部だけでも上乗せさせられる可能性があるため、価格交渉を考えているならおぼえておきたいポイントになっています。

中古車の高い買取査定.com TOP

-未分類

Copyright© 中古車の高い買取査定.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.