中古車を売りたい方、買い換えたい方に提案する当サイト。どうやって売却したら良いのか?より高く買い取ってもらうためにはどうしたらいいのか。などの情報を提供しています。

中古車の高い買取査定.com

未分類

知っていれば凄く便利。中古車売却の際には出張査定を使ってみよう

投稿日:2017年8月2日 更新日:

車を手放さないといけなくなったが、中古車買取業者の所へ持っていくのが面倒くさかったり、時間がなかったりなど、自分から動けないが車を見てもらって査定して欲しい時に役立つのが出張査定です。

これから出張査定について詳しく説明していきましょう。

出張査定では何をするの?

出張査定はその名の通り、業者側から中古自動車査定士が訪問、査定して、車の状態やアピールポイントなどを基に、現在の相場と照らし合わせながら金額を決めていきます。

金額に納得すればその場で商談は成立です。

内容自体はお店でやるのと殆ど変わらないので、場所がお店で査定するか自宅で査定するかの違いでしかありません。

出張査定までの手順はどうしたらいいの?

出張査定の手順で必要な物は、自身の都合に合う時間帯を確保する以外は非常に簡単です。

各中古車買取業者によって細かい部分で違いはありますが、大まかな流れとしてはこうなります。

買取り業者のHPもしくは電話番号に査定依頼を出す→折り返しの連絡が業者側から送られてくる→査定を希望する日程と時間帯と場所を確認し業者が承る→当日に査定する車を用意して査定士が来るのを待つ

ここで出てきた場所ですが、自宅以外にも勤務先で見てもらいたければ勤務先にしてもらう事も先に申請していれば可能です。

出張査定の際に必要な物は何?

査定士が来る前に自分達でも準備しておかないといけない物があります。

それらも紹介していきましょう。

車検証

車を所持したなら車内に常備が義務づけられている車検証は絶対に必要です。

これがある事で今の自動車が安全基準をクリアしている証明になります。

紛失など、もし持っていない場合は都道府県内の運輸支局に再発行しなければなりません。

自賠責保険証

対人で損害が起きた場合に保険で補償される自賠責、保険車やバイクを所持したならば必ず加入しなければならず、加入している証明書である保険証も査定の際には必要です。

これがないと査定はしてもらえても買取りが出来ません。

保険期間が過ぎている場合も同様です。

保険期間内の保険証も必ず用意しましょう。

もし紛失で持っていない場合は保険会社に再発行してもらう様に手配しましょう。

査定の場合は2つの証明書が必要になってきます。

そして査定額に納得し売却する際には別途で必要になる書類も出て来ます。

売る、売らないは別として、こちらも用意しておくとスムーズに取引が出来ます。

自動車税納税証明書(本年度分)

自動車を持っている人ならば毎年4~5月末頃に自動車税の納税義務が生じます。

それを証明した納税書も査定後の売却の際には必要になります。

もしも払い忘れ等で滞納していた場合は名義変更が出来ない(=業者へ譲渡出来ない)事になるので売却が出来ません。

なので払っていなければ先に払ってから、紛失してしまったなら市役所で再発行してもらいましょう。

仮に買い取ってもらえたとしても大幅減額となってしまうので、そのままはオススメしません。

印鑑&印鑑証明書

売却や譲渡の意思ありを証明する為に必要な物、それが印鑑です。

更にその印鑑が市町村で登録されている物と同じ物と証明する為に必要な印鑑証明書も、売却の際には必要になります。

委任状

売却が成立した場合の名義変更の手続きなど業者に任せますという意思表示を示した委任状も必要になります。

もっとも委任状自体は業者側で用意しているので、こちらで必要なのは実印になります。

譲渡証明書

こちらも業者側で用意し、実印さえあればいいですが、売却という形ではあるが車を譲渡した事に変わりないのでそれを証明した証明書も必要になります。

住民票

こちらは車検証と印鑑証明書に記載されている住所が違う場合に別途で必要になってきます。

用意する際には双方の住所が合っているかも確認しておきましょう。

出張査定についての説明は以上となります。

書類を先に用意していれば後はお店でやるのと変わらない程スムーズに査定が終了し、その後売却も出来ます。

店舗に行くよりも便利なので、査定を検討する際は出張査定の利用も候補に入れてみてはどうでしょうか?

中古車の高い買取査定.com TOP

-未分類

Copyright© 中古車の高い買取査定.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.