中古車を売りたい方、買い換えたい方に提案する当サイト。どうやって売却したら良いのか?より高く買い取ってもらうためにはどうしたらいいのか。などの情報を提供しています。

中古車の高い買取査定.com

未分類

中古車を売却をする時の査定のポイントの一つである走行距離

投稿日:2017年7月25日 更新日:

車の売却の時に一番に気になるのが、査定金額ではないでしょうか。

車の売却の査定で重視されるのは、年式、グレード、車の状態、走行距離があげられます。

これは、まだ売る予定はなくてもこのポイントは知っておくとよいでしょう。

その中でも一番査定で見るのが走行距離になります。

車も走ったら走った分だけ車の寿命に近づくことになり、故障をする事も多くなります。

走行距離が多くある車はそれだけ寿命が近いことが分かったり、故障する可能性が高くなるので、買い手側も走行距離を考え、売れにくくなってしまいます。

走行距離の目安となるのは、一年間で、1万㎞を目途にして、走行距離の多さで決めることが多くなります。

これは、日本自動車査定協会で一律に決まっている基準になります。

走行距離は、平均的な距離が査定に効果的になります。

また、走行距離だけを見て、短いから良いと言う訳でもなく、例えば全く乗らず、放置しておいた車だとゴムなどが傷んで悪くなり、サビの原因にもなってきます。

サビが一度つくと、綺麗に落とすことは難しくなります。

最悪な場合には交換をする事になります。

あまりにも走行距離が多すぎると部品の消耗が激しくなり寿命は縮みますが、乗らずに放置もよくないので、適度に車を走らせ、一年に1万㎞の距離を目途に走行をするとよいでしょう。

自分の車が走行距離が10万㎞をすぎた車なら、過走行車と呼ばれるようになります。

以前の過走行車は査定額がかなり下がり、売る事が難しかったのですが、今のエンジンは性能がよくなり、10万㎞を超えた車でも問題ないようになってきました。

20万㎞、30万㎞を乗っている車はたくさんあります。

過走行車を少しでも高く売りたい場合は、気をつけておくことがあります。

タイミングベルトの交換は、10万㎞を超えたら変えるようにし、消耗品などのメンテナンスを忘れないようにしましょう。

タイミングベルトを交換しておくことで、乗れる年数が大きく変わってくるので、是非交換はしておくようにしましょう。

過走行車はディーラーでは、ほとんど買取りはしてくれないので、ディーラーの売却はさけ、海外へ販売をしている業者は比較的高く買い取りをしているので、海外への販売がある業者を探して売るとよいです。

業者によって査定の金額も変わってくるので、ネットの一括査定などで、色々な業者と買取りの金額を見比べてから売るようにしましょう。

車種によっては、走行距離はあまり関係なかったりすることもあります。

中古車の高い買取査定.com TOP

-未分類

Copyright© 中古車の高い買取査定.com , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.